FC2ブログ

VIRGO

2012. . 13
どーもENDです。


前回から引き続き今回も身近なブランドを紹介していこうかと。
今回はVIRGO。
家から原宿までチャリでコギコギw
意外と距離あるけど朝から移動したので気持ちが良かったです。
事務所では展示会の準備やらワンちゃんのお出迎えやらいつもの感じw
RIMG0597.jpg


VIRGOのディレクター/デザイナーであるYU君とは昔からの知り合いで、バンド繋がりという身内的な空気なので今回も気兼ねなく応じてくれました^^
いつもありがとうです。
RIMG0598.jpg



自分のイメージだとよりストリートに近いハイファッションブランド。
もう少し言うとシンプルで形や素材に気を使っているブランド。
アメカジ、古着などに合わせてファッションを広げて見るのもGReeDにとっての願いでもあるんですね。
型にハマらない方がイイでしょw
自分がこれとこれが良いんだよねーって自信持って着てる人ってカッコ良く見えるからね。


VIRGOの商品はこちらでチェック

今回はVIRGOについてちょっとYU君に色々聞いてみようと...
まず、ブランドとして打ち出している根本的な所やバックボーンなど聞きたいすね。

YU君>どんなデザインにしても、音 を感じるような服作りを根本においています。
それはグラフィックとかキーワードもそうですが、それだけではなく全体的なデザインだったり色使いだったり雰囲気で感じられる事。
どこにでもあるような物ではなく、何となくでもVIRGOって感じてもらえる様な服作りを目指しています。
デザインから縫製、パーツまで自分なりにこだわって作っているので、日本のクオリティや生産背景までが伝わって、安心かつ満足して着てもらえるようなブランドになりたいですね。
自分が昔から音楽をやっているというのもあり、その仲間内の為のユニフォームとしてイメージして作り出したのがきっかけと言うのもあって、様々なミュージシャンが着てくれていて本当にうれしいです。


END>確かにライブハウスに行っても着用しているバンドの人多いですよね、お客さんもいい意味で影響されてるしVIRGOの世界観が自然な形で伝わってるのかなと。
丁寧な作りが基本のMADE IN JAPANの中でも更に「こだわった物作り」を目指しているのはすごく気持ち良いですね。^^
VIRGOというとデニムやサルエルパンツのイメージも強いですがパンツへのこだわりが聞きたいです。

YU君>ウチのデニム(女神織DENIMES)は岡山の児島で一括して生産しています。
MADE IN JAPANのプライドとクオリティを世界に発信したいという事を根底に置いているので、「大量生産には絶対に出来ない加工方法や縫い」を行っています。
女神織DENIMES、オリジナルの生地は織機が壊れるギリギリまで度詰めして編んでいるので、普通の生地の80%分くらいしかとれません。
しかし、そうする事によって「オンス」では表現できない重量感を感じることが出来、さらに身に着けた時に感じられる「優しい肌触り感」を表現できます。
染めに関しても何度も繰り返して染めこみ、女神織DENIMESのコンセプトである
「黒より浅く 紺より深い」
という表情を演出しています。
それが女神織DENIMESです。
VIRGOのサルエルパンツは、機能性とデザイン性を兼ねそろえたデザインで、綺麗なシルエットだがタイト過ぎず楽に穿けて動けるのが特徴です。
これは自分がヨーロッパを回っているときに体感し、表現しました。


END>ここで一本紹介しときますー若干細身のシルエットです。
女神織(メガミオリ) 加工デニムパンツ
vgd-051-1[1]
他のパンツ類はこちら。
VIRGOパンツ一覧
END>改めて説明されると凄いですねw、デニムの産地の岡山でも色々とありますがその中でもトップクラスの技術がある場所での工程を経て作られるデニム...うーんそれは愛着湧きまくりですな。
自分もほぼ同じ世代ですが、初期パンクなどのカルチャーの影響ってかなりありました。
その繊細かつ機能的な部分ではヨーロッパは優れていますよね。
同じアイテムでもシルエットから素材・色使いも含めアメリカの服、ヨーロッパの服って違いますからね。
因みにBRAHMANはVIRGOをよく着用していますが、洋服以前にTOSHI-LOW君とYU君の付き合いが長く、バンドを通し深く繋がっているからなんですねー。
バンドメンバーも着用してるのをライブに遊びに行くと目につきますね。
20120425_063a73[1]

自分的には草食系の男の子が着るよりも肉食系の方が似合ってると思います 笑
なんでしょうか...全体にほっそ~~い雰囲気が苦手なのでしょうか...笑
どうでしょうか、男くさい方が似合ってる気がしませんか?...
でも草食系の人の方が似合うのか...な...笑
しかし彼らはVIRGOの着こなしバッチリですね、さすがです。
20120906-00000009-exp-000-0-view[1]





さて、話を戻して聞きたいことはー...そうそう「色」へのこだわりを教えてください。

YU君>元々はVIRGO=パープルと言われるほど紫という色に執着していました。
近年では黒が多いのも特徴ですが、その中で同じようにならない為に様々な配色や同じ黒でも微妙に違う黒を使用しています。
他のカラーに関しては、基本ミリタリーから学んだりしています。


END>モノトーンになりがちなイメージですがNAVYや明るい色もかなり使っていますよね、自分はGRAYやNAVY、BEIGEなども大好きなのでデニムやパーカーに合せたり色々と着回しが出来て嬉しいです。
同じ黒でもスミ黒とか若干色は褪せてる感じが個人的に好きなので色目を選ぶ時には気を使いますね。
最近は良い意味で「ゆるい」感じを求めますね。
さて、カタログのモデルを参考に...はレベル高すぎなので、自分が着て様子を見てみましょうか。
20120824_d19c83[1]


ハンチングにダッフルにデニムにマーチンです。
普通のシルエットのデニムにもすんなりと合わせられます。
どうでしょうか。
ダッフルコート
RIMG0638.jpg
全身コーディネートしてみたぜ!
どうかなー。
vg-jkt-89-3[1]


END>ここでちょっとスタイリングについて聞いてみようかな
YU君はスタイリング時に気をつけている所ってありますか?


YU君>VIRGOの特徴として、全身で着ても他のブランドと合わせても実は相性が良いことです。
シンプルなトップスにちょっと変形したパンツ、逆にドルマンなトップスに無骨なデニム等、メリハリがつく事によってスタイリングの幅が広がります。
ブーツインで全身VIRGOという人も大勢いらっしゃいますが、ちょっとフォーマルにかつストリートに着こなせてもらえればと思います。


END>とにかく自分らしく着こなしが出来れば良いですよねw
「俺、モードだからさー...」って気取ってる奴は好きじゃないし、真似だけしてる人も何か嫌...
って人は「俺ならこれにこれを合わせちゃうよ?」って自由に着て欲しいですよね。
お店に行って店員さんとそういう話をするのもまた、ファッションカルチャーの一環なのではと思います。
ちょっと着こなしてみましょう!

ボーダーパーカー
切り返しライダースジャケット
パンツもVIRGOだよー
RIMG0603.jpg

こっちはデニムに合わせたよ。
全然雰囲気変わるでしょ!
どっちも良い感じだけどデニムパンツでも普通に合わせやすいってことを写真を通して見せたかっただけという...笑
RIMG0635.jpg

前をしめてみました。
フリース素材が軽い軽い!温かい!
RIMG0644.jpg

裏地もシックな色でプリントデザインされています。
生地が違うだけでバイクバイクしないから良いじゃないかと思います。
RIMG0606.jpg

カタログのモデルカットです。
私も負けじと頑張ったのですが完敗に終わりましたね。(5-0くらいで)
20120824_f4d875[1]


小物も見てみよう!
財布です、使いやすくお金がたまりやすいと言われているこの財布。
彼氏に買ってあげると大金持ちに!?(ビックリマン風)
2つ折ウォレット(財布)
RIMG0612.jpg

ジッパーにはイタリア製ラッカーニ社の物を仕様してますが、「イタリア製ラッカーニ社」はググってみてね。
RIMG0614.jpg


VIRGOのHORI君。
いつも天然的な存在が温かいっす。
メガネがよく似合うな...しかし。
HORI君はたまーに?お店に居ると思うので声かけたりちょっと脅かしたりしてみてねw
VIRGOメガネ
RIMG0616.jpg

他にも小物があるので見てみてください。
VIRGO小物


このニットなんだけど、もうGReeDにはBLACKしかないんだよね...
サンプルでBLACKが無かったから撮れなかったんだけどMIXなカラーが絶妙でイケてますよ。
ニットロングスリーブ
RIMG0608.jpg

ふざけてないですよ?
ちょっといい加減にユルくいきたくなってしまったんで...
この色目がいいなーと思ってついつい。
ビッグショルダーバッグ
RIMG0622.jpg


このマウンパとかすごい合わせやすく、ミリタリーやワークが好きな人にもオススメですよ。
色もブラック、グレーと2種類なので迷うねw
デニムに合わせたり、サルエルでも良いと思います^^
ミリタリーマウンテンジャケット
RIMG0628.jpg
RIMG0627.jpg





END>インタヴューの続きですが(笑)プリント物に使ってるグラフィックや、アーティスト自体との繋がりなど聞きたいなと。



YU君>グラフィックは主に自分でやっていますが、ENDを始め音楽つながりで出会ってグラフィックをコラボしてもらう事もあります。
その他では刺激を受けた海外のカメラマンや国内でもかわったアーティストにお願いすることもあります。
何にせよ、「その人にしかできない物」をもってるクリエーターのみにお願いすることが多いです



END>ブランドの中で一番大事だと思っているくらい重要な部分がグラフィック。
そのブランドのセンスが一番分かりやすい形で表れますよね。
自分もそうですが「その人にしかできない物」ってすごくスペシャルな感じがして良いですよね。
定番と呼ばれるデザインはそのままでいいと思いますが、オリジナル系はやはり誰がデザインしたかが一目でわかればわかる程「してやったり感」が出ると思いますw
でもやっぱ「パッと見」でカッコイイね!とか可愛いね!とか着たいな!とか思うようなデザインを描きたいものです、紙の上とTシャツの上だとやはり全然違う感覚なのでデザインもより深く考えてしまうなー...自分はね。
プリント以外にやはり一目見てこれは「VIRGO」のTシャツだね!って思えるもの。
それはこの後ろの「はぎ」がポイントですね。
例え無地Tシャツでもこの「はぎ」によりVIRGOというオリジナルのブランドの象徴になっているから。
ロングスリーブTシャツ
RIMG0640.jpg

うーん長々とすみませんね。笑
このへんで〆ないとヤバイので今回はここまででw

YU君とENDで謎の一枚w
しかし自分の周りは「音楽」の繋がりで溢れているな...と感じてしまう。
RIMG0647.jpg

今回はVIRGOのブランドのちょっと深い部分を訪ねてみました。
自らヨーロッパで刺激を受け、目にし感じた体験や経験。
そのエッセンスがふんだんにまぶされたこのVIRGOというブランドはどれもデザイナー本人が考え抜いた作品であり、機能性を考えつつシャープな部分を残した形。
そう、洗練された洋服を作っているのである。
自分の周りの意見を取り入れた洋服のシルエットは日々進化し、柔らかくもタフな作りへ。

一度皆さんも袖を通して見てください。

最後にVIRGOの洋服はここから買えるよ。
VIRGO一覧

シーズン別やカテゴリー別に分かれているので色々見てみてね。




ではでは。

M.A.G SIDE CONNECTION #62
2012.11.4(SUN) @四日市SUBWAY
MAGSIDE62A3.jpg

■GReeD TOKYO BLOG
GReeDTOKYO
■START FROM END official website
http://startfromend.web.fc2.com/
■START FROM END web shop
http://end1977.cart.fc2.com/

■GReeD
〒630-8113
奈良市法蓮町471-1
0742-33-6200open:13:00から20:00(火曜定休)
http://www.greednet.com

■GReeD NAGOYA concept shop
〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄5-14-5-402
052-238-2118
open:毎週土日 13:00~19:00
http://www.greednet.com


■GReeD楽天通販「今、GReeDの全アイテムが通販可能!」
【PC】
http://www.rakuten.co.jp/greed/
【携帯】
http://m.rakuten.co.jp/greed/

■GReeDYAHOO!ショッピング「現在、プレオープン中!」
http://store.shopping.yahoo.co.jp/greed/index.html

■GReeD見BLOG「GReeDスタッフ全員が書きこむBLOG」
http://blog.goo.ne.jp/gre2d

■GReeDTOKYO BLOG「END氏が東京目線からお伝えします!」
http://greedtokyo.blog136.fc2.com/

■GReeD楽天BLOG「GReeD平山が様々な情報を!」
http://shop.plaza.rakuten.co.jp/greed/

■GReeD FACEBOOK「リアルストリートスナップ」
http://www.facebook.com/GReeDshop

■GReeD FACEBOOKでお買い物「チャットしながらお買い物とかいいね!?」
http://www.facebook.com/GReeDshopRAKUTEN

■GReeD動画「商品情報、インタビュー、イベント情報など」
http://www.youtube.com/user/gre2d











スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://greedtokyo.blog136.fc2.com/tb.php/201-76ae6a2f